ブーツ臭対策ナビ - におい防止と消臭・お手入れ法とは?

 

あなたは、ブーツ臭が気になっていませんか?冬になるとブーツを履く方が多いと思いますが、その際に気になるのが履いた時のニオイですよね。一日中履いていると夕方には臭ってしまうので、履き物を脱ぐ瞬間がものすごく嫌になると思います。そんな時、色々な対策を行なっている方がいますが、その対策やお手入れ方法は正しく行なえているでしょうか。

 

現在ではブーツ臭対策として、スプレーや石鹸、インソール等いろいろなメーカーから様々な商品が数多く販売されていますね。それらを色々と試したことがあると思います。しかし、それらをただ使用するだけで本当に消臭できているでしょうか。やはり、色々な製品を試しつつもブーツ臭が気になっている方が多いのではないでしょうか。

 

そこで、こちらではそんな方の為にあらゆる対策法をご紹介していますよ。また、オススメの消臭商品とその口コミ、におう前に防止する方法や基本のお手入れ等についても分かりやすくご紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。もしかすると、あなたのブーツ臭対策や普段のお手入れは、間違っているかもしれませんよ。いま一度見直してみましょう。

 

さて、そもそもブーツ臭の原因は何なのかご存知でしょうか。それは、履き物内の温度や湿度が高まる事によって雑菌が繁殖することにあります。細菌は高温多湿な場所を好むものなので、靴の中は雑菌にとって絶好の住みかとなるわけなんですね。よって、対策としてはその菌の増殖を抑える事になりますが、それがなかなか難しいんです。

 

なので、消臭商品の中にはすでに発生してしまった悪臭を軽減する物が多いですね。スプレーや脱臭剤などが、手軽に使える物として人気が高いと思います。ただし、それらの製品は気休め程度にしかならない、という口コミが多いのが事実です。効果は一時的で、持続しないようですね。そこで、嫌なニオイを発生させる前に防止する事が必要になってきますよね。

 

その防止方法についても、現在では様々な商品が販売されつつあります。防止方法としては、殺菌効果のあるソックスを履いたり、消臭効果がかなり持続するスプレーを使用したり、専用の石鹸やボディークリームを使用することなどが挙げられます。こちらでは、ブーツ臭を防止するのにぜひお勧めしたい製品を掲載しているので、悪臭防止に役立ててみて下さい。

 

ちなみに、汗や細菌の繁殖が主な原因ではありますが、意外にも食べ物が原因となっている場合もあります。言い換えると、食べ物でブーツ臭の発生を防止する事ができるという事です。その理由は、肉類や乳製品をたくさん摂取することで脚の汗腺を活性化させてしまう事にあります。それによってアセをかきやすくなってしまい、結果として悪臭を発してしまうわけですね。

 

よって、もしあらゆる製品を試してみても効果が感じられないという方は、普段の食事にも気を付けてみてはいかがでしょうか。肉類や乳製品など動物性たんぱく質の摂取を控える事で、悪臭は軽減されると思いますよ。そして、反対にビタミンEやビタミンB2を多く含む納豆やうなぎ、緑黄色野菜を摂取するのがお勧めです。ぜひ試してみてはいかがでしょうか。それではごゆっくりご覧下さいませ…

 

ブーツ臭の原因とは?


ブーツを履いた時に発生するニオイが気になるという方は、どうにかしてブーツ臭を消す方法を考えているのではないでしょうか?

 

もちろん臭いが発生した場合には、消すことが最優先されるかもしれませんが、最も大切なのはニオイの発生原因を知ることですよね。

その原因については、足や靴下、履物が要因となって雑菌が繁殖している事が挙げられます。

 

何と言っても蒸れやすい履物なので、汗と菌が混ざることで臭いが発生し、更に菌を繁殖させてしまっています。

 

ちなみに、履いている時に足裏が汗をかいているなと感じる方も多いと思いますが、その汗自体がクサイわけではないですよ。

 

実は雑菌が原因だったんです。

 

女性は夏になると、ミュールやサンダルなど通気性の良い靴を履く方が多いと思いますが、そういった時には足先の臭いが気にならないですよね。

 

つまり通気性が悪い履物だからこそ、臭いが起こっていると言えます。

 

湿度が高ければ高いほど菌は繁殖しやすくなってしまうし、それに加えて汗をかくとなると、菌にとっては非常に過ごしやすい環境になるわけです。

 

その他、水虫が原因でブーツ臭を発生させている場合もあります。

 

水虫というのは菌が存在して起こることなので、それが臭いの元となるのは当然ですよね。

 

そういった場合はまず水虫を治療しなくてはいけないので、病院を受診して水虫治療をする必要があります。

 

このように、人によって多少異なるかもしれませんが、多くはこういったことが原因となっているようなので、自分の原因が何なのかを知って改善する事こそが、ブーツ臭の対策に繋がっていくと思いますね。

 

雑菌との関係


履いたことのある方はご存知かと思いますが、ブーツを履いた時には中が蒸れてしまうものですよね。

 

そして、脱ぐ時には嫌な臭いがしてしまうことと思います。

そのブーツ臭の原因として、雑菌が挙げられるという事をご存知でしょうか?

 

履物の中はバクテリアや雑菌が繁殖しやすい部分であり、それが原因となってブーツ臭が引き起こされてしまうんです。

 

温度や湿度が高い部分は菌が繁殖しやすくなるものですが、ブーツの中はまさにその温度と湿度が高い場所なんですね。

 

それに加えて通気性も悪く、履く時には密閉した状態になってしまうので、空気の逃げ場所がありません。

 

また、足自体の臭いを発生させているのも雑菌が原因となっているんですよ。

 

足にも汗腺があり、身体の中でも汗をかきやすい部分でもありますよね。

 

雑菌やバクテリアは脚の汚れや皮脂を栄養としているので、それらの部分は非常に菌が繁殖しやすいと言えます。

 

足だけでも菌が繁殖しやすく臭いを発しやすいにも関わらず、その上高温多湿になる履き物を履くとなると臭うのは当然の事ですよね。

 

その他、そういった事が要因で水虫になってしまうことも少なくありません。

 

水虫というと男性がなるイメージが強いかもしれませんが、靴や汗が要因となって水虫になる女性は非常に多いんですよ。

 

靴下を履いている事によって汗もかきやすくなってしまうし、通気性も悪くなっている状態だからです。

 

また、靴を履く時にはストッキングを履くという場合が多いですが、ストッキングそのものは汗を吸収しにくい物なので、注意しなければいけませんよ。

 

こういったことが原因でブーツ臭が起こっているんですが、あなたの場合はいかがでしょうか。